アンバサダーラボ

83
日本の「洋楽」市場を大きくするためのクチコミ戦略(ユニバーサルミュージック)

日本の「洋楽」市場を大きくするためのクチコミ戦略(ユニバーサルミュージック)

※このコラムは2016年7月28日の宣伝会議 Advertimesに寄稿したものの転載です。 「UNIVERSAL INTERNATIONALアンバサダープログラム」が2013年12月にスタートしました。このプログラムの特徴は、個別のアーティストではなく、「洋楽」全体のファンを対象としていることです。そもそも音楽業界はインターネットの発展で、ビジネスの形が大きく変化しています。今回は、ネットの発展と音楽ビジネス、そして音楽プロモーションの変遷という大きな観点から、ユニバーサ

スキ
2
アンバサダー施策によりSNS上でのポジティブなクチコミが増加(ポータルサイトgoo)

アンバサダー施策によりSNS上でのポジティブなクチコミが増加(ポータルサイトgoo)

※このコラムは2016年7月15日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 前回の記事はこちら NTTレゾナントでは、2014年の10月に「gooアンバサダープログラム」を開始。CS担当の視点からファンとのコミュニケーション施策を立ち上げた背景をお聞きしました。 --------------------------- 「良い声」の継続的な増加が成果 藤崎:アンバサダープログラムの成果や社内からの評価などについて教えてください。 千田:まず、成果につ

スキ
2
「顧客満足度」を上げる具体策がアンバサダー戦略(ポータルサイトgoo)

「顧客満足度」を上げる具体策がアンバサダー戦略(ポータルサイトgoo)

※このコラムは2016年7月12日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 NTTレゾナントは、2014年10月に「gooアンバサダープログラム」を開始。CS担当の立場から、ファンとのコミュニケーション施策を立ち上げた背景を聞きました。 今回のゲスト 千田忠慶(せんだ ただよし) NTTレゾナント メディア事業部 ソーシャルサービス部門 CS担当・ブログ担当課長 gooが誕生した1997年NTT入社。金融関係のビジネス企画、goo広告企画営業、goo動画

スキ
2
「見えない導線」を増やすことでブランドを強くする(スカパー!映画部)

「見えない導線」を増やすことでブランドを強くする(スカパー!映画部)

※このコラムは2016年6月29日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 前回の記事はこちらから 競合との新たな差別化が必要だった 藤崎:「スカパー!映画部」の取り組みの目的や評価について教えてください。加入者の獲得は、どこまで意識しているのでしょうか。 植田:私たちは、アンバサダープログラムをPR活動として位置づけています。そのため、どれだけスカパー!についての話題が広がっているのか、リーチ数を測っています。また、良質なコメントやクチコミが生まれる

スキ
6
アンバサダーとの企画会議から番組が誕生(スカパー!映画部)

アンバサダーとの企画会議から番組が誕生(スカパー!映画部)

※このコラムは2016年6月28日の、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 -------------- スカパー!は2014年から、「スカパー!映画部」アンバサダープログラムを運営しています。なぜファンとのリレーションをつくる活動を始めたのか、その効果についてどう感じているのか、お聞きしました。 --------------------- 今回のゲスト 植田恭輔(うえだ きょうすけ) スカパーJSAT 有料多チャンネル事業部門 放送事業本部 放送

スキ
1