アンバサダーラボ

80
1万人のアンバサダーと切り開く洋楽プロモーション(ユニバーサルミュージック)

1万人のアンバサダーと切り開く洋楽プロモーション(ユニバーサルミュージック)

※このコラムは2016年8月9日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 前回の記事はこちら ユニバーサルミュージックインターナショナルは2013年12月、日本の洋楽シーンの活性化という目標を掲げて「UNIVERSAL INTERNATIONAL アンバサダープログラム」をスタートしました。現在、約1万人の洋楽アンバサダーと一緒に取り組んできるプログラムの内容と成果にいて同社の石川大樹さんに聞きました。 今回のゲスト 石川大樹氏(いしかわ たいき) ユ

3
日本の「洋楽」市場を大きくするためのクチコミ戦略(ユニバーサルミュージック)

日本の「洋楽」市場を大きくするためのクチコミ戦略(ユニバーサルミュージック)

※このコラムは2016年7月28日の宣伝会議 Advertimesに寄稿したものの転載です。 「UNIVERSAL INTERNATIONALアンバサダープログラム」が2013年12月にスタートしました。このプログラムの特徴は、個別のアーティストではなく、「洋楽」全体のファンを対象としていることです。そもそも音楽業界はインターネットの発展で、ビジネスの形が大きく変化しています。今回は、ネットの発展と音楽ビジネス、そして音楽プロモーションの変遷という大きな観点から、ユニバーサ

1
アンバサダー施策によりSNS上でのポジティブなクチコミが増加(ポータルサイトgoo)

アンバサダー施策によりSNS上でのポジティブなクチコミが増加(ポータルサイトgoo)

※このコラムは2016年7月15日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 前回の記事はこちら NTTレゾナントでは、2014年の10月に「gooアンバサダープログラム」を開始。CS担当の視点からファンとのコミュニケーション施策を立ち上げた背景をお聞きしました。 --------------------------- 「良い声」の継続的な増加が成果 藤崎:アンバサダープログラムの成果や社内からの評価などについて教えてください。 千田:まず、成果につ

1
「顧客満足度」を上げる具体策がアンバサダー戦略(ポータルサイトgoo)

「顧客満足度」を上げる具体策がアンバサダー戦略(ポータルサイトgoo)

※このコラムは2016年7月12日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 NTTレゾナントは、2014年10月に「gooアンバサダープログラム」を開始。CS担当の立場から、ファンとのコミュニケーション施策を立ち上げた背景を聞きました。 今回のゲスト 千田忠慶(せんだ ただよし) NTTレゾナント メディア事業部 ソーシャルサービス部門 CS担当・ブログ担当課長 gooが誕生した1997年NTT入社。金融関係のビジネス企画、goo広告企画営業、goo動画

1
「見えない導線」を増やすことでブランドを強くする(スカパー!映画部)

「見えない導線」を増やすことでブランドを強くする(スカパー!映画部)

※このコラムは2016年6月29日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 前回の記事はこちらから 競合との新たな差別化が必要だった 藤崎:「スカパー!映画部」の取り組みの目的や評価について教えてください。加入者の獲得は、どこまで意識しているのでしょうか。 植田:私たちは、アンバサダープログラムをPR活動として位置づけています。そのため、どれだけスカパー!についての話題が広がっているのか、リーチ数を測っています。また、良質なコメントやクチコミが生まれる

4
アンバサダーとの企画会議から番組が誕生(スカパー!映画部)

アンバサダーとの企画会議から番組が誕生(スカパー!映画部)

※このコラムは2016年6月28日の、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 -------------- スカパー!は2014年から、「スカパー!映画部」アンバサダープログラムを運営しています。なぜファンとのリレーションをつくる活動を始めたのか、その効果についてどう感じているのか、お聞きしました。 --------------------- 今回のゲスト 植田恭輔(うえだ きょうすけ) スカパーJSAT 有料多チャンネル事業部門 放送事業本部 放送

新市場は、消費者とメーカーの「二人三脚」がなければ生まれない(ロボット掃除機ルンバ)

新市場は、消費者とメーカーの「二人三脚」がなければ生まれない(ロボット掃除機ルンバ)

※このコラムは2016年5月25日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です セールス・オンデマンドは、米国アイロボット社の「ルンバ」の日本における販売代理店として2004年に設立されました。今や「ロボット掃除機」の代名詞として知られる「ルンバ」ですが、市場の開拓とその普及には、常に消費者のクチコミと上手につきあってきた戦略がありました。その貴重なマーケティングストーリーを同社 取締役の徳丸順一氏に聞きました。 ------------------------

4
アンバサダープログラムを取り入れて売り上げ25%アップの成果(日本ケロッグ)

アンバサダープログラムを取り入れて売り上げ25%アップの成果(日本ケロッグ)

※このコラムは2016年5月13日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 【前回の記事】「市場拡大のために、広告では届かない層へのクチコミが必要だった(日本ケロッグ)」 100周年キャンペーンで、売り上げ前年比25%アップ 藤崎:今年2月の日経MJの記事によると、アンバサダープログラムを含む100周年キャンペーンで売り上げが上がったそうですね。 五味田:対前年比で「オールブラン」シリーズ全体の売り上げが7%アップしました。中でも商品ヒーローとして押し

4
市場拡大のために、広告では届かない層へのクチコミが必要だった(日本ケロッグ)

市場拡大のために、広告では届かない層へのクチコミが必要だった(日本ケロッグ)

※このコラムは2016年5月10日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 2015年にスタートした日本ケロッグの「オールブランアンバサダープログラム」は、売り上げアップという成果を得て、2年目に突入しました。これまでの企業のマーケティング活動は広告を中心に行われてきましたが、それだけでは消費者に届かなかったり、信頼性を高められなかったりすることも事実です。実際に売り上げをアップし、手応えを感じているという日本ケロッグの五味田里美さんに、どのような考えでアン

4
ネットに情報が溢れているからこそ、直接「会う」ことに価値がある

ネットに情報が溢れているからこそ、直接「会う」ことに価値がある

※このコラムは2016年4月19日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 ペットフードで有名なロイヤルカナンが同社のファンと一緒に行う活動は、「ロイヤルカナン アンバサダー・プログラム」ではなく「犬と猫の健康 アンバサダー・プログラム」といいます。つまり、ロイヤルカナンという企業に対してではなく、「犬と猫の健康」を願うペットオーナーが集まるコミュニティというわけです。そこには企業からの強い思いがあります。従来の広告発想を超えた、企業と顧客の新しいマーケティ

2