マガジンのカバー画像

アンバサダーラボ

97
ファン/アンバサダーをパートナーに据えた、アンバサダープログラムの施策等をご紹介していくマガジンです。 http://agilemedia.jp/ambassador
運営しているクリエイター

#SNS活用

自社のファンやアンバサダーの存在を可視化する考え方とコツについてお話してみます。

こんにちは、村井です。 弊社AMNでは「企業やブランドとつながり、自発的にクチコミや推奨をしてくれる熱量高いファン」のことを「アンバサダー」と定義して、「アンバサダー」を軸としたマーケティング支援を行っています。 その中で、企業や代理店のご担当者様のところへ情報交換やディスカッションにお伺いすると 「うちはSNSもコミュニティもしていないので、ファンはいないのでは?」 「ましてや、アンバサダーなんていないのでは?」 と謙遜される方が一定の割合でいらっしゃいます。 中には

スキ
6

アンバサダープログラムで、求められるのは「深く、質を高める」こと。

アンバサダーサミット2019のセッションレポートラストです! ディスカッションはデルの横塚さんとアシックスの松岡さん、そしてAMNから赤澤です。 赤澤) お二人はアンバサダープログラム単体だけではなく、全体のマーケプランの一環としてやられている。同じようなやり方で成果を出されている。 アーンドとペイドの組み合わせの可能性についてのことをお伺いできれば。 我々がアンバサダープログラムをやっていて、ペイドでも活用しましょうよ、ってお話をしたときに。マスの部署と話が合わないからコ

スキ
3

ABC (アジャイルブレストカフェ)を開催し、アンバサダープログラムっていいな、と思ったお話。

今日はちょっとお昼に食べたアジアンランチが辛すぎて(滝汗) でも美味しかった・・・ パクチー・・・!!!! パクチー・・・・!!!! さて、本日はABCの開催レポートになります! ABCとはアジャイルブレストカフェと言いまして、 アンバサダープリグラムを活用していらっしゃる企業の皆さまにお集まり頂き、お互いの施策や今後の展望、課題などをフランクに企業様同士でお話をして頂く。カフェのような気軽な気持ちできて頂きたいという思いを込めてABCです。すごいいい機会だと思いませんか?

スキ
2

列車遅延はSNSで情報を見てみる。

さて、月曜日が始まりました〜 今日は週初めでもあり、そして雨が降っていたので、各方面で列車遅延していました。 たまに心痛ましい時もありますが、 列車遅延、好きな人いないですよね。。。 学生の頃は列車遅延の際、学校で。●時までの遅延であれば、遅延証があれば何時に学校に来てもよし。という感じだったので、遅延したら友人と一緒に待ち合わせをして、ミスドへ行き時間を潰してお昼頃から学校へ行くというのがいい思い出です。 もちろん今はそんなようにいかないので笑、Netflixさまさまです

スキ
2

デルアンバサダーの2周年とこれから。

アジャイルメディア・ネットワーク吉田です。 noteを更新し始めて少し経ちましたが、 本日は記念すべき”アンバサダーラボ”らしい記事をご紹介させて頂ければと思います。 第1弾は デルアンバサダー〜2周年サンクスパーティー〜です。 3月1日、デルアンバサダーの2周年サンクスパーティーがグランドハイアット東京で開催され、そちらにお邪魔してきました。 デルアンバサダープログラムが始まって、2周年そして3年目へ突入し、会員数も8000名を越え大規模なプログラムとなっています。

スキ
12

メディアミートアップで知った、発信を続けるには「自分が楽しむ」ということ。

いやー面白かったです。 最後は普段伺えないような、奥深いところまで聞けました。 登壇されていたのは ■りょかちさん ■むねさださん ■嘉島唯さん 「テーマはスマホ時代の個人情報の発信の仕方」 ・なぜ、発信を始めたのか、 ・これはエポック的な記事(出来事)だった、 ・発信して後悔したことは? ・なぜ発信を続けていくのか、 など。でした! いろいろ面白いお話は聞けたのですが。いくつかメモnoteしておきます。 ・ストックとして記事を毎日アップしている(むねさださん)

スキ
9

ポリポリを知って、政治がどんどんスマートフォンに参入していきている実感がでてきた

知らなかった、ということで自分のメモのため。 時代も変わっていくなか、政治への意識・意識は私の周りでは高まってるような気がしているのですが・・・?選挙権を持つようになった18歳からするとなかなかハードルが高いのかな、と。 けれど、スマホで見られるappがあると気軽にアクセスできますね〜。 https://www.polipoli.work 「政治への発言」ってなんだか聞こえ方が大げさな気がしますが、最近でいうとローラさんの辺野古への基地の署名運動だったり。 なんとなく発

スキ
5

私たちのSNSでのコミュニケーションは次第に変化していっている。

皆さんは自身のSNSを頻繁に更新されていますか? 私は全然です笑こんなに仕事では更新をしているのに・・・! なのでこの記事の意味がすごくよく分かります。 しかし、私の周りだけの雰囲気ですが自分のブランディングの為に、 それこそnoteを始めたり、趣味や仕事用のInstagramを別アカウント制作してきたりと。 そういった自分をさらにメディア化しようという風を感じているところです。 個人単位でも懸念された、炎上や「こんな自分を見せたら"友人に"どう思われるか分からない」といっ

スキ
6

Twitterは検索ツールになっているのか

「炎上」「凍結」など様々に問題が出てくるtwitterですが、やはりうまく使いこなしていらっしゃる方もいますよね。 これを読んで思うのが、最近のTwitterのテレビCMです。 https://twitter.com/twitterjp/status/877907298445705216 TwitterってCMやってるんだ。と感じつつ。 もともとこういう使い方が王道な気がしますが、最近はどうしてもネガティブな面がニュースになりがちなのでここでtwitterが「原点に戻したい

スキ
7

「前澤社長の1億円に、堂々巡りの小さな抵抗感」が解消されました。

100万円あったらな〜。とりあえずは貯めておいて、時期が来たら旅行、もしくは狙っているアウディーQ2、BMWでx1とかも射程範囲内になるなぁ。なんて、割と1億円だとバーンと大きく出そうですが100万円だと妙にリアルに考えてしまいますね。 ということで、ZOZOTOWNの前澤社長がやってらっしゃいました。フォローアンドリツイート企画! リツイート数も世界新記録となり、フォロワーも急激に増え一夜で(実際は三夜くらいですが)これだけの効果が出ればSNSキャンペーンとしては大成功

スキ
5

iMUSEのアンバサダープログラムでのKPIとは?

冬の体調管理、バッチリです! 飲み物だけではなく、サプリやヨーグルトとしても幅広い展開をしているiMUSE(イミューズ)のアンバサダープログラムが掲載されました! 記事の後半でも紹介されている「アンバサダープログラムのKPIは?」というのは常に考えさせられる課題です。 アンバサダープログラムはクチコミの質や、ファンとの繋がりを重要視するため短期的な目標も見えにくい、そして数字にもすぐに反映されるものではないです。 反して、すぐに目に見える結果や、短期的な売り上げを求められて

スキ
5

「折り込みチラシ」というマスメディア

twitterでこの画像が流れてきたときは「やられたな・・・」と。 面白いアイディアはいつだって嫉妬したくなるものです。 メスメディアやSNSが最近の広告の手段として考えられる今、折込チラシか〜と逆に新鮮な気分になります。 今回、メルカリさんもターゲットを「シニア層・潜伏層」ということで折込チラシを手段として選ばれたとのことでしたが、これを目にした若者によって↓のような呟きが広まりました。 クリエイティブが一癖あるからこそ、ターゲット以外の人々にも食いつきがあったとい

スキ
4

市場拡大のために、広告では届かない層へのクチコミが必要だった(日本ケロッグ)

※このコラムは2016年5月10日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 2015年にスタートした日本ケロッグの「オールブランアンバサダープログラム」は、売り上げアップという成果を得て、2年目に突入しました。これまでの企業のマーケティング活動は広告を中心に行われてきましたが、それだけでは消費者に届かなかったり、信頼性を高められなかったりすることも事実です。実際に売り上げをアップし、手応えを感じているという日本ケロッグの五味田里美さんに、どのような考えでアン

スキ
4

ネットに情報が溢れているからこそ、直接「会う」ことに価値がある

※このコラムは2016年4月19日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。 ペットフードで有名なロイヤルカナンが同社のファンと一緒に行う活動は、「ロイヤルカナン アンバサダー・プログラム」ではなく「犬と猫の健康 アンバサダー・プログラム」といいます。つまり、ロイヤルカナンという企業に対してではなく、「犬と猫の健康」を願うペットオーナーが集まるコミュニティというわけです。そこには企業からの強い思いがあります。従来の広告発想を超えた、企業と顧客の新しいマーケティ

スキ
2