アンバサダーラボインタビュー

7
ノート

日本の「洋楽」市場を大きくするためのクチコミ戦略(ユニバーサルミュージック)

※このコラムは2016年7月28日の宣伝会議 Advertimesに寄稿したものの転載です。

「UNIVERSAL INTERNATIONALアンバサダープログラム」が2013年12月にスタートしました。このプログラムの特徴は、個別のアーティストではなく、「洋楽」全体のファンを対象としていることです。そもそも音楽業界はインターネットの発展で、ビジネスの形が大きく変化しています。今回は、ネットの発

もっとみる

アンバサダー施策によりSNS上でのポジティブなクチコミが増加(ポータルサイトgoo)

※このコラムは2016年7月15日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。

前回の記事はこちら

NTTレゾナントでは、2014年の10月に「gooアンバサダープログラム」を開始。CS担当の視点からファンとのコミュニケーション施策を立ち上げた背景をお聞きしました。

---------------------------

「良い声」の継続的な増加が成果

藤崎:アンバサダープロ

もっとみる

「顧客満足度」を上げる具体策がアンバサダー戦略(ポータルサイトgoo)

※このコラムは2016年7月12日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。

NTTレゾナントは、2014年10月に「gooアンバサダープログラム」を開始。CS担当の立場から、ファンとのコミュニケーション施策を立ち上げた背景を聞きました。

今回のゲスト

千田忠慶(せんだ ただよし)
NTTレゾナント メディア事業部 ソーシャルサービス部門 CS担当・ブログ担当課長
gooが誕生

もっとみる

「見えない導線」を増やすことでブランドを強くする(スカパー!映画部)

※このコラムは2016年6月29日の宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。

前回の記事はこちらから

競合との新たな差別化が必要だった

藤崎:「スカパー!映画部」の取り組みの目的や評価について教えてください。加入者の獲得は、どこまで意識しているのでしょうか。

植田:私たちは、アンバサダープログラムをPR活動として位置づけています。そのため、どれだけスカパー!についての話題が広

もっとみる

アンバサダーとの企画会議から番組が誕生(スカパー!映画部)

※このコラムは2016年6月28日の、宣伝会議Advertimesに寄稿したものの転載です。

--------------

スカパー!は2014年から、「スカパー!映画部」アンバサダープログラムを運営しています。なぜファンとのリレーションをつくる活動を始めたのか、その効果についてどう感じているのか、お聞きしました。

---------------------

今回のゲスト

植田恭輔(うえ

もっとみる

LINE×スターバックス

すごいですね〜

周りの人でめちゃくちゃスタバのヘビーユーザーの人がいるのですが。
大体スタバの会員なので驚きです。
この仕組みがあると、私のようなあんまり行かないけれど・・・。みたいな人でも気軽に参加できそうですね。
そもそもLINEpayも使えていないので、どんどん取り残されている感じもしますが汗)使うタイミングがないという笑

各々で取り組みや狙いはあるにしろ、スタバ側の”ライト層のファンを

もっとみる

元号に続き紙幣までも刷新されるとは。

twitterで見たので、最初デマかと思ってしましました笑

こういうのって、急に発表されるんですね。
前回の紙幣刷新の際は、記憶がないのです)・・・
それにしても、日本史専攻ではないを言い訳にできるのかわかりませんが、この三人ともあまり存じ上げないという勉強不足を発揮しております。
どういう選考基準なのか面白いですよね。
全て人がモチーフという。動物や、地域はあまりフューチャーされないようですね

もっとみる