「にんべん」のだしアンバサダー どう売るかではなく、どう繋がるか。
見出し画像

「にんべん」のだしアンバサダー どう売るかではなく、どう繋がるか。

アンバサダーラボ


※本インタビューは2022年2月18日にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイトに掲載されたものです
 

 
株式会社にんべんでは、2014年から「にんべん だしアンバサダー」の運用を開始。2021年に中長期の展開を見据えた観点からアジャイルメディアと連携し、更なる進化をすべく活動を再スタートしました。
 

 
「だしアンバサダー」との活動で見出したマーケティング活動の可能性やファンの動向、にんべんが掲げている「かつお節・だしライフデザインカンパニー」の所以などを、3名のご担当者様から伺いました。
 
 
にんべんはお客様と一緒に創っていく「かつお節・だしライフデザインカンパニー」
ファンと向き合う姿勢を見直し、リニューアル
共に創る、アンバサダーと活動する日々
どう売るか?より「どう繋がるか」を重要視する
熱量の源はファンから、だし文化を広げる輪
 
 
本インタビュー全文は以下にてご覧いただけます。

 
以上
 
 
すべてのブランドに、アンバサダーを。

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
アンバサダーラボ
世界中の“好き”を加速する、アジャイルメディア・ネットワーク㈱が運営。‟ファンはターゲットではなく、パートナー”の価値観を大切にし、‟好き”のチカラやアンバサダーマーケティングの探求活動をしています。https://agilemedia.jp/ambassador-program