見出し画像

KIMONOはだれのもの?

さて、月曜日です。早いもので7月になりましたね。
来週にはソーシャルメディアサミットもありますし、しっかりやっていきたいと思います。

話題のKIMONOに関して新たな動きがありましたね!


この話題を一番最初にInstagramで見たときには驚きが隠せませんでした・・・笑
Kim、本当ですか?と笑
疑問が残るポストで・・・・なんともなんですが。
キムのことは”ただのセレブリティー”と誤解されている人も多いかもしれませんが、
実業家・企業家・インフルエンサーとしての一面も評価されていますし、
本心を言うと、なかなか厄介な相手に外れたことされてるなぁと思っていました(汗)
日本ではあまりこういった海外のセレブリティーに対して「NO」とソーシャルメディア上で言える人もいないし、行動に起こすのは地方自治体なのかなぁ。と。いや、最悪なにも起きないということもあるうるのかも・・・と待っていたら
そうか、京都があったか。と思いますよね。


矮小な私は「日本が対抗して商標登録を獲得すれば今後こう言うことが起きなくなるのでは?」
と思っていたのですが、今の段階ではそういった権利の独占のことについては記載されておらず
「世界中の人に愛されていることの表れ」「私的に独占すべきものではない」という。わーそうですよね。となりました(汗)文化ってそう言うものですよね。。
これでキムが応じてくれなかったら(そっちの可能性のがまだ高い)強硬手段になってしまうのかなぁ・・・?

このタイミングでキムが「KIMONO」の商標登録を取ろうと思っている、と言わなかったら、と思っても少し冷や汗が笑)
"文化の盗用"は今回のヒットワードだと思いますが、ちゃんと勉強しないとなぁと思います。


なんだか、海外のセレブリティーというか、インフルエンサーってソーシャルメディアの使い方が日本での使い方が違う時もありますよね、


本日、トレンドにも上がってきているテイラーの音楽の権利についての前の会社でのイザコザもいい感じにソーシャル上で盛り上がっています・・・。
頑張れテイラーと思うのですが、私がこう思うのも
やはり、会社を通してではなく自分を通して発信しているからだろうなぁと思っています。
それにしても、Tumblrって前使っていたことあるんですが、海外ではまだ使用されていることにも少し驚き・・・



====本日の朝ドラ
千春がきましたね!
というかその前に金曜のテンヨウ君結婚の衝撃はまだまだ引きずっています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。

こちらでもピックアップされています

井戸とカリフラワー:日本から見た「世界」、世界の中の「日本」
井戸とカリフラワー:日本から見た「世界」、世界の中の「日本」
  • 537本

カリフラワーに住む虫は、カリフラワーが世界のすべてだと思っている。  ――米国のことわざ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。