ファンと繋がり、想起率を維持。アルファ ロメオ のインタラクティブなコミュニケーション
見出し画像

ファンと繋がり、想起率を維持。アルファ ロメオ のインタラクティブなコミュニケーション

アンバサダーラボ


※本インタビューは2021年12月9日にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイトに掲載されたものです


個性と魅力に溢れるイタリア・アメリカの4ブランドを日本国内向けに販売するFCAジャパン。そのなかでもイタリア車の代名詞ともなっている老舗ブランド、アルファ ロメオは2020年6月に110周年を迎えました。


ファンの熱愛するアルファ ロメオの110年をお祝いするために、公式で初めてアンバサダープログラムを立ち上げ、オンラインイベントや共創グッズの開発などアンバサダーマーケティングを積み重ねていきました。


なぜ既にファンコミュニティが存在するのに、アンバサダープログラムで組織化を計ったのか。
リアル接触はできないからこそオンラインで〈密に〉コミュニケーション
We Love Alfa Romeoのアンバサダーマインドを分析!
共創グッズを販売するため、重ねたオンラインミーティング。
いつか私もオーナーに…想起率を維持することが重要


本インタビュー全文は以下にてご覧いただけます。


以上


すべてのブランドに、アンバサダーを。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
アンバサダーラボ
世界中の“好き”を加速する、アジャイルメディア・ネットワーク㈱が運営。‟ファンはターゲットではなく、パートナー”の価値観を大切にし、‟好き”のチカラやアンバサダーマーケティングの探求活動をしています。https://agilemedia.jp/ambassador-program