遂に傘にもシェアリングサービスが参入
見出し画像

遂に傘にもシェアリングサービスが参入

HUFF POSTより

本日より、アイカサという傘のシェアリングサービスが公開されました。

最初は傘のシェアリングサービスということで「なるほど〜」と思っていた記憶があります。

確かに、天気の予報が外れたり、うっかり忘れてしまったり・・・。

それが解消されるのは素晴らしいなぁと思います。

シェアリングサービスの拡大ってすごい勢いありますよね。

カーシェア、ルームシェア、シェアオフィス、シェア自転車・・・。

旅行にいったロサンゼルスでは、BIRDというキックボードのシェアサービスを見たことがあります。

乗りたかったのですが、国際免許証の読み取りが必要で断念しました、残念・・・。

これ、旅行客だけではなく現地の人も利用しているのが大変印象的でした。

キックボードで西海岸を走るなんて、、、「ぽい」ってこういうことですよね。

実際にInstagramで見て、乗ってみたい!と思っていました。

おそらくこういったシェアリングサービスには、口コミと写真投稿であったり、例えば走っている車にシェアリングサービスのロゴを見つけたり、というマスではないところで広まっている流れがあると思います。

何と言っても、シェアリングサービスは環境にも配慮していますし

利用者側も楽しく費用を抑えられるのでヒットしているんだろうな、と思います。

シェアならではの問題はありつつ、次は何が「シェア」されるのだろう?と考えてしまいます。

この記事はアンバサダー過去の記事を再掲載したものです

スキありがとうございます!!
世界中の“好き”を加速する、アジャイルメディア・ネットワーク㈱が運営。“好き”のチカラやアンバサダーマーケティングの探求活動として、ファン/アンバサダーをパートナーにしたマーケティング施策や事例等をご紹介します。https://twitter.com/ambassadorlab