新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

7月のAMN #オンラインセミナー のお知らせ

7月のオンラインセミナーのお知らせです。

4月から6月まで「いま、できることを一緒に考えてみる」と題してコロナ禍でのマーケティングやコミュニケーションに関してディスカッションを深めてまいりましたが、
7月からはタイトルを「withファン」と変え、ゲストの今後のマーケティングの展望やファンコミュニケーションに関してお話しをお伺いしていく予定です。
=======
日時:
7月8日(水)19:00~
ゲスト:
日本サブウェイ合同会社 マーケティング本部
広報・SNS 担当責任者 辻本安芸さん
応募フォーム:(下記の画像よりリンク先へ移動してください。)

画像1

初回のゲストはSUBWAYの辻本さんをお呼びしております。
辻本さんは弊社と一緒に「#推しサンド」というハッシュタグをつけて好きなサンドをツイートしてもらうキャンペーンを実施しておりました。
ファンそれぞれに「サブウェイ愛」を「#推しサンド」というハッシュタグをつけて語ってもらうことを目的として実施したので、当然のことながら、投稿内容の熱量は高かったと伺っております。
そして、その熱量が伝搬し、この企画の最中はファンによる自発的な発言(ファン的発言)も増加するという相乗効果を生み出すことができたこともあり、熱量の可視化やファンの好きを加速することの大切さを感じられたそうです。

また、コロナ禍では「#おうちでサブウェイやってみた」を実施し、ファンとブランドの絆をを再認識することができ、施策を通しサブウェイの価値を伝えることができたと実感されたようです。

当日は、サブウェイ内でのファンの立ち位置、キャンペーン実施前後での社内のファンの印象の違いなどもお伺いしていく予定です。

また、辻本さんのインタビューが掲載されたECzineの連載が公開されましたのでぜひご覧くださいませ。
>>「#おうちでサブウェイやってみた」に見る 時勢を反映したブランドコミュニケーションの極意

=======
第2回のお知らせも併せてさせて頂きます。

日時:
7月22日(水)19:00~
ゲスト:
アサヒ飲料株式会社
マーケティング本部/宣伝部の副部長
菅根 秀一さん
応募フォーム:(下記の画像よりリンク先へ移動してください。)

画像2

菅根さんはアサヒ飲料の各ブランドのマーケティング活動のコミュニケーション戦略の統括を担われています。
また、弊社とは「カルピス」ブランドのファンベース施策の基盤としみずたまラボを2018年から始動されています。
いままでは見えづらかったファンを顕在化させ、企業目線での発信だけではなく「一緒にカルピスをつくっていく」ことを目標にし試行錯誤をしながらイベントやSNSでの投稿を活性化されています。
ファンベース、デジタルの施策を考える上でもリアルな体験の場の価値は高いものの、今後のコミュニケーション施策としては新型コロナウイルスがあったように、想定外のことが起きることを前提として戦略を構築されているようです。
ファンベース、デジタルの施策を考える上でもリアルな体験の場の価値は高いものの、今後のコミュニケーション施策としては新型コロナウイルスがあったように、想定外のことが起きることを前提として戦略を考えていく必要性を感じられているようです。

=======

7月も着々とオンラインセミナーの裾野を広げてまいります..!今までセミクローズドで甘えながら実施をしていたのですが...

ゆるゆるとしたオンラインセミナーですが、内容はSNSのことやファンのことについてスペシャリストのディスカッションになります。ぜひご参加ください!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。