見出し画像

コルクBooksのファンと作家の関係

あけましておめでとうございます。
今年も引き続き宜しくお願いいたします!

さて、新年初めの記事はコルク Booksの佐渡島さんのお話です。


引用の記事自体は、最終的には時計の広告となっているのですが汗
前段でおっしゃられていることが、アンバサダープログラムとつながることがあります。

記事にも出てくるコルクBooksとは

ファンと作家とが一緒に作品を作っていく、育てていく漫画家コミュニティーサイトです。

(@SHARP_JPさんも連載をされていますね!) 

私自身、数多くの漫画を読んできているので実感しているのですが、
「漫画」「本」というのはファンの熱量が大きく動くメディアです。

数多くいる作家さんたちの中で、まだ注目されていない、作家さんをツイッター上で見つけてきて、それをプロデュースされている。佐渡島さんのやり方は”編集者”というよりプロデューサーの方がしっくりくるのは私だけでしょうか?(分野の違いな気もしますが)

作家の成長につながる、としてファンとのコミュニティを形成されており、ファンとの強い長い関係性が作家を成長させ、そして結果的に成功に導くという流れを考えられています。

それにnoteのように金銭のサポートも可能です。

これが実際に今、どのようなリターン(金銭的にも作家の成長的にも)が現象として起きているのかはわかりません。こういった施策はどうしても長期的な考え方が必要です。

佐渡島さん自身もじっくりと時間をかけて、書籍化などをするのであれば考えていらっしゃるようですが、どのような作家さんがこれから出てくるのかも楽しみです。

------------------

私自身が一番最初にコルクBooksに感情を動かされたのが、学生の夏休みが終わろうとしている時期にtwitterで出てきた #学校がしんどい君へ が流れてきた時でした。(学校へ行くのしんどいなぁ〜って時ありましたよね?笑)

こういったものは学生だけではなく、社会人になった人でも通過してきた過去の感情の部分です。

SNSの強みだ、と思うのですが”夏休み終わりかけ”というタイミングを合わせることができ、それを大作家先生が描いたのではなく、より身近に感じられる人たちが更新している。

もしも、誰か本当に悩んでいる人に届いたのであれば。作家冥利、ファン冥利につきることだろうと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こちらのnoteの著者は、サポートよりもネタの提供とスキを好みます。。。。

ドキッ
4
アジャイルメディア・ネットワーク マーケティングアシスタント 広告の会社から、ワーホリを経て入社。アンバサダー、ファンなど書いていきます、(と言いつつ、他の話題も。個人の見解が多いです) 個人での保護犬猫の活動はしれっとこちらhttps://note.mu/shirokumako

この記事が入っているマガジン

アンバサダーラボ
アンバサダーラボ
  • 80本

ファンを活用した、アンバサダー プログラムの施策を紹介していくマガジンです。 http://agilemedia.jp/ambassador

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。