見出し画像

マクドナルドの音楽はDJがいるらしいです。

そうなんですねー


面白いです、こういったこだわりが気づいている人には届いているのだと思います。


USENさんと一緒に独自のプレイリストを作成されているそうですが、
これがきっとSpotifyとかにマクドナルドBGMを作ったらちょっと面白いかもしれません笑
こういう細かな気遣いの一面が、マクドのホスピタリティーを支えていそうですね。。
マクドナルドさんではやられていないようですが、USEN内では購買行動を促すようなテンポ・マスキング効果を考えることもあると。
なるほどーすごい!!

私はぜんぜん気づけなかったですが、
次に行くときは注目しちゃいます。

キャンペーンで名前を考えていただけるようなので。。笑

刑事か・・・。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。

こちらでもピックアップされています

音で画く、音を編む。
音で画く、音を編む。
  • 338本

その日の夜、僕は「音画」を目指しているのだとはっきり解った。数年考え続けていた事への解答だった。 だから何をしても許されるし、現実に何をしても良いのだと思う。 自分の中で制約をつけてしまいがちなゲーム音楽の世界からフッと自由になった気がした。ゲーム音楽を「VGM」と呼ぶ事自体、単なる記号化でしかないのだ。 音楽はもっと自由であるべきだし、理論〈マニュアル〉や発音数〈ハード〉を気にするよりも、作品自体に何らかの意志が投影されていれば、その世界を充分に楽しむ事ができるはずだ。 「ゲームに合っていれば良い」時代は終わりである。だから僕は「音画」を創りたい。 ( 小倉久佳『nouvelle vague』ライナーノーツより)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。