マルサンのMP3はユーザーの勘違いから生まれた
見出し画像

マルサンのMP3はユーザーの勘違いから生まれた

うわーこんなのやられていたのですね!
楽しそう・・・。


勘違いや、ユーザー起点から何か企画が生まれるっていくつかあると思うのですが、
(エイプリルフールのわさビーフわさび抜きとかも、ユーザーの盛り上がりから生まれてましたよね)


MP3だと思ったら、マルサンの豆乳だったという汗)
ツイート元は消されてしまっているようですが、写真見たかったです〜

それにしても、ユーザーの投稿をきっかけに10日で商品化が決定って素早いー。この瞬発力は凄いですね。

発信元の方のtwitterを見て日頃から愛飲して頂いていて、嬉しくなって感謝の気持ちを表すっていうのもなんだか心が温まります。
もしかしたら、こういうの知っちゃうと入社したくなっちゃいますよね。
ユーザーと企業との間のコミュニケーションがすごくフラットになって、そして表しやすくなっているのが見て取れます。


そして、MP3っていうところもツボも必然性のツボだったと思うのですが、どう思われますか?
たまたま、ユーザーがMP3を使用されていたからこういう企画になったとは思うのですが、USBでも、apple製品でもなく、あのMP3!!!!私も大学生の頃駅のトイレに忘れてなかったら、、と考えてしまう、愛しいあいつが・・・。懐かしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
世界中の“好き”を加速する、アジャイルメディア・ネットワーク㈱が運営。“好き”のチカラやアンバサダーマーケティングの探求活動として、ファン/アンバサダーをパートナーにしたマーケティング施策や事例等をご紹介します。https://twitter.com/ambassadorlab