見出し画像

今だからこそ、不便性には価値がある。

これはめずらしいアプリですね。


方向音痴なんですよね〜。
絶対的に道に迷う自信だけはすごいあるんです
毎回google mapとにらめっこ。
行き慣れている場所でもついついgoogle先生頼りになってこれじゃいつまでもたっても道を覚えない・・・。
しかしこうやってわざわざ自分を不便よりに持っていくのは面白いですね。低価格で快適が手に入る世の中なので、そういったところで退化しているのは自分も実感しているので、否めないです汗)

老人ホームの件もなるほどな、と。
私の祖母が認知症で施設でゆっくり過ごしているのですが、バリアフリーで安全そうだな、と感じつつ。そういった工夫も安全性を兼ね揃えた局面があればある一定の生活水準を守れるのかもしれませんね。

話は戻って、道に迷う件ですが。
記事の中に「メンタルマップ」という記述があります。おそらくこの意味は「事前に位置関係だけ調べて、そのAとBの間の方向性はわかる」っていうニュアンスだと思うのですが。
方向音痴な私でもこれが実現できたことがありまして・・・(忘れられない苦い思い出が続きます)

カナダへ着いたその日、留学支援センターの人空港まで車で迎えに来てくれまして、それでホストファミリーのお家に行ったんですね。初日はそれで終わりで。そして、2日目に私が、コンパスカードという電車の定期券が必要になるからマザーと一緒にコンビニへ買いに行き、そして彼女と一緒に買い物に付き合う感じになったのですが。
ダウンタウンに着いた時に彼女から
「はい、じゃぁショッピングしてくれば?私は自分の買い物があるからじゃあね」って言われたんですね(忘れられない)
しかし、2日目で英語もうまく出てこない、戸惑いで彼女を止められず。私は知らない駅で家もどこの駅かも覚えていない中、置き去り笑
その時は「ま、携帯あるし大丈夫か」なんて思っていたんですね。用意のいい私はカナダに来るまえからカナダのSIMカード買って入れておきましたから。
しかし携帯を始動してみると動かない。ネットに繋がっていない。おいおいまじかよです。そりゃ家ではwifiあったから繋がるよね〜って今思うとですが笑
しかし帰りたい。こんな知らない駅で路頭に迷いたくない。
ギリギリ、ホストファミリーの家は定期券内のここ、というので目星が着いたので有り難かったです。というかダウンタウンの駅もわからないので、駅を探すところから始め、、、最寄りの駅名は知らなかったので危なかった・・・。
問題はここから。
最寄りの駅に着いたら、家の場所がわからないです。行きは、ホストマザーに連れられてコンビニへ行って、そしてバスで駅まで行ってルートが駅と逆方向の方に動いて駅に向かったので、自分の帰る家がワカラナイ。ココカナダ。
携帯も使えないので、住所もワカラナイ。ココドコダ。
しかし、運よく前日私はgoogle mapで家から駅までを調べていて、「ふーん」なんて流し見していたのですね。
それが私を後押ししてくれて、今思うと大体のメンタルマップが出来上がっていました。
それのおかげで随分遠回りしたのですが、無事にホストファミリーの家に到着できまして。
メンタルマップがなければ私は知らない駅で、知らない土地で、知らない人としてさまよっていたかもしれません・・・!!
いやー、でも本当に危なかった笑。

というなんの話だ、って感じですが知らない土地に行く場合はgooglemepできちんと調べてから向かった方が良いですね。
さて、金曜日です。
今週は寒かったり、暑かったり気候に振り回されましたね。
でも確実にGWは近づいています!!!
それでは、良い週末をお過ごしください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。