見出し画像

「前澤社長の1億円に、堂々巡りの小さな抵抗感」が解消されました。

100万円あったらな〜。とりあえずは貯めておいて、時期が来たら旅行、もしくは狙っているアウディーQ2、BMWでx1とかも射程範囲内になるなぁ。なんて、割と1億円だとバーンと大きく出そうですが100万円だと妙にリアルに考えてしまいますね。

ということで、ZOZOTOWNの前澤社長がやってらっしゃいました。フォローアンドリツイート企画!

リツイート数も世界新記録となり、フォロワーも急激に増え一夜で(実際は三夜くらいですが)これだけの効果が出ればSNSキャンペーンとしては大成功ですね。

昨今のSNSのやり方として、ペイペイ(pyapay)での100億円キャンペーンもあったので、企業とお客さんとダイレクトで施策として考えているな、と実感しております。というのもSNSで「反応」がやはりあるからですよね。
「ペイペイで○○円当たった」「前澤社長から100万円貰った」
これだけで広告効果もあり、当たってる人いる!という実感が新規を巻き込みます。

それにこれだけの応募がある、というのもペイペイにも前澤さんにも信用・実績があり(そう)だからこれだけの盛り上がりをみせているのでしょう。

やはり「現金」に対する食いつきはありますよね。

それに便乗する人々ももちろんいらっしゃる訳で笑

これはなんだか面白い。

こういったSNS上でのお祭りになるのは楽しいのですが、なぜか私は前澤さんのやり方に抵抗感があります。いや、私も100万円すっごく欲しいですけど。「当たったらラッキー」くらいの企画なのは理解しているのですが。汗

新年一発目の記事をどうしよう?と悩んでいた時に飛び込んできたこのキーワード。SNS、フォロー、リツイートで応募可能、プレゼント。以上のようなキーワードだけ見ていると我が社でも実施している施策のようです。

まぁ、アンバサダープログラムを勉強中の身からするとどうしても承諾できないからかもしれませんね。。
こういうのに気軽にノれる性格であればな・・・。
しかし、100万円は欲しい笑

そんなこんなで、堂々巡りをしながら、締め切りをむかえました。

---------というのを昨日に書き終えていたのですが、諸々反応が出てきたので追記します。

結果、お金を無条件にバラまくというよりか「選考」された人たちが当選されたようですね。
こんな使い方をしたい!という100万円の使い道を示した人が、幸運にも100万円をゲットできたようです。
驚くのが、前澤社長がきちんと一人一人にDMをする際にコメントをつけている、ということです。

ある程度はテンプレでしょうが、きちんと人を見て当選させてますね。
それを理解するともう羨望しかないですね。
当選者が分かるまでは記事のタイトルも「前澤社長の1億円に、堂々巡りの小さな抵抗感」だったのですが、蓋を開けてみるともう「人の夢や希望をこんなに直接的に支援できるのって、すごい!」
もう、その気持ちでいっぱいです。笑 自分にはできないことをこうも軽々ハードルを飛ばされるとは!

今後は似たような企画も出てくるとは思いますが、前澤社長のようになるのはないかもしれませんね。

当選者の人たちが実際にもらった100万円をどのように還元していくのか、楽しみにしたいと思います。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こちらのnoteの著者は、サポートよりもネタの提供とスキを好みます。。。。

ぎゃぉ
5
アジャイルメディア・ネットワーク マーケティングアシスタント 広告の会社から、ワーホリを経て入社。アンバサダー、ファンなど書いていきます、(と言いつつ、他の話題も。個人の見解が多いです) 個人での保護犬猫の活動はしれっとこちらhttps://note.mu/shirokumako

この記事が入っているマガジン

アンバサダーラボ
アンバサダーラボ
  • 80本

ファンを活用した、アンバサダー プログラムの施策を紹介していくマガジンです。 http://agilemedia.jp/ambassador

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。