見出し画像

地元の団地が佐藤可士和さんたちにブランディングされているんです...!

団地...と言われると、みなさんどういったイメージが湧きますか。
家族、たくさんの世帯が入る、小学校の時団地のみんなと一緒に帰りたかった....などなど見かけたことがある方は多いのではないでしょうか。


そんな団地で注目されているのが、私の地元「洋光台」の団地!!!
なんです!!
実は数年前からこのプロジェクトは実施されており(本屋さんで下の本が販売されていて、知ったのですが笑)

洋光台の民ではあるのですが、駅を後ろにしてこのURの団地とは逆方向に帰っていたので、存在は知っていたくらいなんですがこの本で何をやろうとしているのかが理解でき、洋光台がこんなプロジェクトの一端になるなんて...(羨望)と思っていました。
本にも確か書いてありましたが、中長期的なプロジェクトになるので大変そうだな..と思ったのも覚えてます笑

(そもそも、佐藤可士和さんに、隈研吾さん、上野千鶴子さんに...って豪華絢爛なメンバーすぎますよね)

団地の改装中も見ていましたが、改装後は本当に空気が変わって、明るく、整理整頓されている雰囲気に変わったんです。
(デザインってすごい...コンセプトって重要....)
そして、記事内にも記載がありますが人が集まることができる仕掛けが一階の部分には施されていて、お店が入って、人が広場で休んでいてって...

洋光台は立地的に便利なところです。
(横浜までも23分、高速も近くにあって、スーパーは駅近に大きい店舗が4つもある...)
が、高齢の方が多いのも事実です。

オープンイノベーションで人々を巻き込み、その土地に住んでみたい!というファンが増えてくれたら嬉しいですよね....(祈)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。