見出し画像

1人の女性が、ビューラーを片手に語ったことは世界に届いた。

これは痺れますね・・・!!!


昨日、動画がtwitter流れてきてそれを見たときには衝撃でした。
聞いてきても最初は「ビューラーのやり方を教えるね」から始まっているので、途中で「ピューラーを置いて調べてみて」っていうのがなんとも自然で・・・聞き間違いかな、と思うくらい驚きもあり。汗

こうやって、1人の女性が声をあげて次第にそれが認められていくっていうのはソーシャルメディアのすごいところでありますよね。
まさに、メディア!

最初はTIK TOKはビューラーの動画をガイドラインに触れたとして、アカウントも削除していたそうですが、彼女に謝罪をしてアカウントを戻した、っていうのも
ビューラーの動画があまりにもおおごとになって世界に知れ渡ってしまって、、っていう感じが否めないですよね。

そして彼女がいうには、実はビューラーの動画が初めてのスピークアウトした動画ではないとのこと・・・
(その時はアカウントは凍結されてしまった、とのことです🤔)


今までは周りからは時事に興味のある子、でとまっていたと思いますが、
もういきなりインフルエンサーになっていますよね。
次のアクションがまた気になるとこではあります。

香港のことも、実は民衆の女神と呼ばれている周庭さんの継続的なTwitterでの発信が事件への関心を薄めさせない効果と日本人にも広く知られていくきっかけになっていると思っています。


なんだか、女性が多いのでこういう方々をしると実写版アラジンのジャスミンみたいだなぁ、と感嘆してしまいます。。(本気です。)ジャスミンが歌ううた↓



ソーシャルメディア、マスメディア
どっちも良い、悪いはあると思いますが、
こういった横の繋がりでの広がりを見ると
ソーシャルメディアの力を感じずにはいられません。。。

そして、こうやって報道されない事実や報道されにくい事実に気づくごとに
信じられないな、と思うことと、自分にはなにができる・・・
と考えます。

====本日の朝ドラ
はー!深先生!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。