見出し画像

音楽をチェーン展開 マキシマム ザ ホルモンのファンに音楽を伝える方法

最初は「へぇラーメン店でも出すんかな」って新聞を読んでいました笑

そんなことはなく、「音楽のフランチャイズ」ってどんなものなのかわかってきました。
マキシマムは、ファンの熱量を継続的に伝えるために「自分たちの音楽を自由に使ってライブ活動ができる2号店を募集」したそうです。


もちろんそれもオーディションやらをへて発足させているというからさすがです。
ファン(腹ペコ)の反応はどうなのかな、と見てみると。


流石の反響です!
書類審査からYotubeで企画していたそうなのでコテコテの腹ペコ(ファン)はめちゃめちゃ自分ごと化できているんでしょうね。
ワオ。
日経MJの中でマキシマムのりょうくんが言っていた言葉で
「ラーメンみたいに2号店の味がやっぱり合わないな、となったら本店で楽しめばいい」(意訳)
みたいなことをおっしゃていて。なるほど。それって逆のアプローチも考えらますよね。
腹ペコの熱量をより全国に届けるため、FC化を考えられているようですが。
今までであればファンの年齢や時代に合わなくなったら新しいグループを作って。となっていたと思うのですが、
自分たちの化身を作るとは、なるほどです。
これが進んでいくと、「東北の3号店が好き」とか聞いている音楽は母体から流れているはずなのに、そういう現象が起きることもありそうです。

マキシマムの記事を読んでいると、「より多くの人に届けたい」というのよりも「腹ペコたちを満足させたい」というのが伝わってきて
やり方は違えど、ファンベース的だな、と思いました。
日清さんのCMに出演しているのも、日清さんのCMなどに共感があったからだそうです。

====本日の朝ドラ
なつがまた動画の試験を!
ということは、やはりアニメーターに今週なるのだな。(多分月曜日)

全然関係ないんですが、ゆりやんがあのAGTに(泣笑)
めちゃ面白かったので・・・ぜひ・・・。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。

こちらでもピックアップされています

音で画く、音を編む。
音で画く、音を編む。
  • 424本

その日の夜、僕は「音画」を目指しているのだとはっきり解った。数年考え続けていた事への解答だった。 だから何をしても許されるし、現実に何をしても良いのだと思う。 自分の中で制約をつけてしまいがちなゲーム音楽の世界からフッと自由になった気がした。ゲーム音楽を「VGM」と呼ぶ事自体、単なる記号化でしかないのだ。 音楽はもっと自由であるべきだし、理論〈マニュアル〉や発音数〈ハード〉を気にするよりも、作品自体に何らかの意志が投影されていれば、その世界を充分に楽しむ事ができるはずだ。 「ゲームに合っていれば良い」時代は終わりである。だから僕は「音画」を創りたい。 ( 小倉久佳『nouvelle vague』ライナーノーツより)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。