私が咲坂伊緒先生の作品を好きな理由
見出し画像

私が咲坂伊緒先生の作品を好きな理由

はじめまして。アジャイルメディア・ネットワーク株式会社に2021年度新卒として入社いたしました、板東美玖です。

今回、noteで発信する機会をいただきましたので、私の好きなものについて綴りたいと思います。拙い文章ではありますが、読んでいただければ嬉しいです。

ーーーーーー

先日、私の大好きな漫画家さんが新作を発売されたとのことで、早速書店で購入してきました。

咲坂伊緒先生「サクラ、サク。」

画像1


私が咲坂伊緒先生の漫画に出会ったのは、中学生の頃。
「ストロボ・エッジ」という作品がきっかけでした。

そこから咲坂先生の作品に魅了され、「アオハライド」「思い、思われ、ふり、ふられ」も毎回欠かさずに購入してきました。

今回も、咲坂先生の新作が出るという情報を聞き、ファンなら必ず手に入れなければという、もはや一種の義務感のようなものに駆られて、漫画を購入しました。

FireShot Capture 632 - 咲坂伊緒(@sakisaka10) • Instagram写真と動画 - www.instagram.com

咲坂先生の作品の多くは高校生の恋愛を中心にストーリーが展開されます。

そのため、社会人になった私が高校生の恋愛を描いた漫画を読んでも楽しめるのかという不安が少しありました。

しかし、そんな心配は不要でした。

読み進めていくと、咲坂先生ならではのプロローグの描き方で
「サクラ、サク」の世界に一気に引き込まれました。

そして、登場人物の繊細な心の動きが丁寧に描かれていました。

友達としての好きが、いつから恋愛としての好きに変化したのか、
どうしてその気持ちになったのかという経緯が丁寧に描れており、
一瞬一瞬の気持ちを大切にしているように感じます。

そういうところが本当に大好きなんです。

また、今回発売された「サクラ、サク」の1巻には「アオハライド」に登場していた人物やキャラクターが作品の中に登場していて、
そういう過去作品との繋がりもファンには堪らないポイントです。

私が咲坂先生の作品を好きな理由はここにあったのだと、
学生の恋愛ものだから好きだったのではないのだと、
改めて気付くことができました。


いいものはいい。この言葉に尽きます。


大人になるにつれて、だんだん漫画を読まなくなってきましたが
久々に、咲坂先生の過去の作品を読み返そうかなと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が運営するアンバサダーラボでは、ファン/アンバサダーを活用したマーケティング施策、事例をご紹介しております。