中の人、いろいろ。森美術館のシェアする美術
見出し画像

中の人、いろいろ。森美術館のシェアする美術

企業アカウントを作成して中の人をやる、となったとき。
それは直面した人でしか分からない怖さがあると思います。
『自分が企業として発言をして偏りがないか』
『発言が炎上をよばないか』
実際に一歩踏み出してしまうとおきてしまう出来事のように思います。
ですが、さんのように小さな試行錯誤を重ねていくのは必ず必要になってくると思います。



自分の会社らしさってなんだろう?
このアカウントで伝えるべきことってなんだろう、、?
森美術館のツイッターの特徴としては、分かりやすさがあります。
説明も長すぎず、ラフ過ぎず、開催のお知らせなどの情報がメインのようです。
かといってユーザーと交流をしないわけではなく、
幅広く、リツイートとイイネを使い分けている気がします。
気分としてはやはり学芸員の人と交流している雰囲気はありますよね!
企業アカウントって本当にそれぞれで性格と狙いがすごく見える気がします・・・!


シェアする美術という日本だとあまり考えられない言葉のチョイスもキャッチーな気がします。。
個人的には美術はもっとシェアしたい、、、、!!(してほしい)


それにしてもいまの森美術館の展示最高にいいですよね、
早く観に行きたいけど、混んでるのは嫌だから平日の仕事帰りは狙いめかしら、、、

======本日の朝ドラ
ゆきじろう・・・!!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
世界中の“好き”を加速する、アジャイルメディア・ネットワーク㈱が運営。“好き”のチカラやアンバサダーマーケティングの探求活動として、ファン/アンバサダーをパートナーにしたマーケティング施策や事例等をご紹介します。https://twitter.com/ambassadorlab