キッコーマンがアンバサダープログラムを始めた理由、続ける理由
見出し画像

キッコーマンがアンバサダープログラムを始めた理由、続ける理由

アンバサダーラボ


※本インタビューは2020.11.24にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイトに掲載されたものです。


キッコーマン株式会社では、自社のデジタルマーケティングの一環として既存のお客様との関係強化のために、「キッコーマンつかお!プロジェクト(仮)」を始動しました。

※「キッコーマンつかお!プロジェクト(仮)」は、メンバーの皆さんの投票により、2021年3月にから「キッコーマンごはん部」に改名しています


しょうゆでは国内シェア1位、その他ケチャップのデルモンテ、みりんのマンジョウなど多くのブランドを抱えるおなじみの調味料メーカーが包括的なファンづくりとして始めたアンバサダープログラム。
ファン施策へ対する思いや、パートナーにアジャイルメディアを選んで頂いた理由などをお伺いしました。


ファンともっと繋がるキッコーマンに
ファンの目線と「いつでも相談できる身近なファン」の存在の重要さ
アンバサダープログラムの継続に向け社内でのアピールも


インタビュー全文は以下にてご覧いただけます。

以上


すべてのブランドに、アンバサダーを。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
アンバサダーラボ
世界中の“好き”を加速する、アジャイルメディア・ネットワーク㈱が運営。‟ファンはターゲットではなく、パートナー”の価値観を大切にし、‟好き”のチカラやアンバサダーマーケティングの探求活動をしています。https://agilemedia.jp/ambassador-program