マガジンのカバー画像

AMNケーススタディ

8
AMNのサービスソリューション導入事例をご紹介しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

アンバサダープログラムをきっかけに投稿数が10倍に 有楽製菓「黒い広報室」の密なコ…

食感系チョコレート菓子として多数のファンを抱えるブラックサンダーシリーズを販売する有楽製…

共創商品は新規の購入者を増やす、 カルビーの「堅あげポテト 応援部」

  カルビー株式会社はお客様の声や、ファンとのコミュニティを長年大切にしている企業として…

ビールの世界をファンと一緒に変えていく BREWDOGのアンバサダーマーケティン…

   スコットランドでPUNKな精神を持って生まれたBREWDOG(ブリュードック)。   2021年に…

「にんべん」のだしアンバサダー どう売るかではなく、どう繋がるか。

※本インタビューは2022年2月18日にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイト…

ファンの声には企業が伝えきれない価値がある 6年目のアイロボット ファンプログラム

※本インタビューは2022年1月17日にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイト…

ファンと繋がり、想起率を維持。アルファ ロメオ のインタラクティブなコミュニケーシ…

※本インタビューは2021年12月9日にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイト…

阪神梅田本店「いちごアンバサダープログラム」が スカウト型で取り組むファンとの共創

※本インタビューは2021年7月8日にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイトに掲載されたものです 大阪の中心地で多くの買い物客を支える阪神梅田本店では、2019年度より「いちごアンバサダー」による「いちごバレンタイン」の催事が行われており、熱量を年々高めています。今回は、立ち上げ担当の黒田様、溝口様、現担当者の安田様と、弊社の担当営業である南さんを交えて導入きっかけや来店効果測定に関しインタビューを実施いたしました。 【もくじ】 デジタル化を推進させる上

スキ
2

キッコーマンがアンバサダープログラムを始めた理由、続ける理由

※本インタビューは2020.11.24にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社のウェブサイトに掲…